主催公演・イベント

  • 主催公演

2018年12月08日(土)

[ Art Document Ohno ]

エイトピアおおの映画塾2018 作品上映&監督トーク

豊後大野を舞台に地域を巻き込みながら映像についてまなぶ『エイトピアおおの映画塾』。今年は地元高校生を受講対象とし、大分県出身の西野正将(美術家・映像ディレクター)を講師、平原慎太郎(振付家・ダンサー)をスペシャルゲストとしてお招きし8月に開催しました。今回上映する作品は、市内各所で撮影・録音をした『 ふしあな 』(約20分)です。上映後は講師によるアフタートークも予定しております。※その他情報につきましても随時お知らせいたします!

公演概要

開催日
2018年12月08日(土)
時間
13:00~15:00
会場
大ホール
料金
無料(全席自由)
主催
豊後大野市総合文化センター エイトピアおおの

監督・出演

西野正将 Masanobu Nishino

1982年大分県玖珠町生まれ。2006年東京芸術大学美術研究科修了。現代美術作家としてギャラリーや美術館での展覧会に多数参加。作家活動の傍ら、美術展や舞台芸術のアートドキュメントをディレクションするようになり本格的に映像ディレクターとしての活動を開始。近年では金沢市堅町のインバウンド向けPR映像「Japanese Monster Darts」(100万再生)、『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018』メインプログラム 公式PV「Red Shoes」のディレクションを務めるなど、文化芸術から広告までと幅広く活動している。

平原慎太郎 Shintaro Hirahara (OrganWorks主宰)

1981年、北海道出身。ダンサー、振付、演劇のステージングなどを中心とし、大植真太郎、Carmen Werner、森山未來、コンドルズ、劇団イキウメ、小林賢太郎などの作品に携わる。塩田千春、播磨みどりなどの現代美術家とも精力的に交流している。2011年、韓国国際モダンダンスコンペティション最優秀振付家賞。15年、小樽市文化奨励賞、16年、トヨタ コレオグラフィアワードにて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞をW受賞。16年、日本ダンスフォーラム賞受賞。

お問い合わせ

豊後大野市総合文化センター エイトピアおおの
〒879-7125 大分県豊後大野市三重町内田878番地
TEL:0974-22-8000 FAX:0974-22-3953(担当:廣瀬)

PAGETOP